日常の気になることをお伝えします

東京オリンピックのマラソンの日程はいつで場所は?ドーハ世界選手権の批判の理由はなぜかも調査!

WRITER
 
東京オリンピック マラソン 日程 いつ 場所 ドーハ 世界選手権 批判 原因 理由 なぜ 札幌
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年に行われる東京オリンピクのマラソン会場を東京から札幌に移る可能性があると報道されて、当初の開催予定の場所でいつなのか日程が気になりますよね。

 

札幌に移す提案の発端になった、9月にドーハで開催された世界選手権でのマラソンはどんな状態だったのでしょうか?

 

さらに、2019年10月17日に、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、東京五輪のマラソンと競歩の会場について「IOC理事会と大会組織委員会は札幌市に移すことに決めた」と、二者間では合意に達したと発言しましたので、札幌での開催が現実的になってきました。

 

近年は東京での夏場は猛暑が多く、今年の7月もとても暑くて外出すら厳しい日が続きましたよね。

 

一般人からすると当然な気もしますが、実際のマラソンランナーの立場だとどうなのでしょうか?

 

今回は東京オリンピックのマラソンを札幌に移す提案について調べてみましたので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

東京オリンピック(2020年)のマラソンの日程はいつ?場所はどこなのか調査!

東京五輪(オリンピック)は来年の2020年7月24日〜8月9日の期間で行われます。

 

そのなかでマラソンは女子が8月2日、男子が8月9日に行われる予定です。

 

東京オリンピックのマラソンは計画では当初朝の7時30分からスタートする予定でしたが、その後朝6時スタートに繰り上げることが決まっています。

 

コースは新国立競技場を発着して、浅草寺や銀座、皇居などをめぐるコースで開催する予定となっています。

 

ちなみに新国立競技場はJRの四谷駅と新宿駅の間くらいにあります。

 

東京の8月といえばまだ暑さが激しい時期なので、早朝に行うのは良い判断だと思います。

 

今回の提案の発端となったドーハの世界選手権のマラソンはどんな状況だったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ドーハの世界選手権のマラソン批判の原因や理由はなぜ?その過酷さを調査!

2019年9月27日(金)〜10月6日(日)までドーハで行われた世界選手権でのマラソン大会が批判される事態となりました。

 

ドーハの世界選手権のマラソンは、女子が9月27日、男子が10月5日に行われました。

 

開催地のドーハはもともと暑い地域で、日中は40度を超えることもあるので、猛暑を避けるために女子・男子ともに現地時間で午前0時過ぎのスタートとなりました。

 

真夜中の開催で日差しはもちろん無かったですが、女子大会ではスタート時の気温が32.7℃、湿度は73.3%という暑で出場選手の4割を超える棄権者が出てしまったんです。

 

競技中に救急車が出動する場面もあったらしく、かなり過酷であったことがわかりますね。

 

ドーハの世界選手権では男子も女子も夜中の開催だったにも関わらず気温は30℃超、湿度は70%以上でした。

 

棄権者が続出したこの大会で、大会の時期や場所、給水の仕方などの対策について批判とともに、今後の対策が課題として上がっていたんです。

 

ドーハ世界選手権でのマラソンが批判となったのは、猛暑での過酷なレースでの給水などの対策が不十分であったこととと、開催する場所と時期がそもそも間違っていたという意見がでていたのが理由だったようです。

 

 

ドーハ世界選手権に実際に出た選手やコーチからもかなりの批判の声が上がっていたのもその原因のひとつですね。

 

棄権者が4割を超えるって、鍛え上げられたマラソンランナーでそんな事態になるのは異常ですよね!

 

東京の8月の気温や湿度はどれくらいなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

東京オリンピックのマラソンが開催される8月の東京の気温や湿度は?

 

東京オリンピックのマラソンが開催される予定の東京の8月上旬はどれくらいの気温や湿度になるのでしょうか?

 

2019年のデータを確認すると、2019年の8月1日から10日の東京の平均気温は29〜30℃程度で、平均湿度は74%〜80%でした。

 

これが午前5時ごろであっても、気温は25℃〜26℃です。

 

マラソンが開催される8月1日〜10日頃の東京の日の出は朝5時前ですから、日が出るとみるみる気温が上がっていって、ラソンランナーが走る朝6時から8時の間には28℃〜30℃くらいにはなるでしょう。

 

もちろん雨や曇りなどの天気によって気温も湿度も変わりますが、蒸し暑さはそれほど変わらないでしょう。

 

湿度についてもそれほど変わらないでしょうから、東京オリンピックのマラソンランナーは気温29〜30℃程度で、平均湿度は74%〜80%の中で走る可能性が高いと考えられますね。

 

東京とドーハとでは気候も違いますが、気温や湿度を比べると批判されたドーハの世界選手権のマラソンのときと同程度の過酷さが予想されますね!

 

スポンサーリンク

東京オリンピックのマラソンが札幌開催に決定!

 

2019年10月16日に東京オリンピックの男女マラソンと競歩についてコースを東京から札幌に移すように、国際オリンピック委員会(IOC)が提案すると発表しました。

 

この報道に対して「東京オリンピックなのに札幌でやるの?」という声が上がっているようです。

今回のIOCからの提案に対して、札幌に変更になる可能性は高いと思います。

 

追記:2020年開催の東京オリンピックではマラソンと競歩は札幌で開催されることが正式に決定しました。

 

東京五輪2020のマラソン・競歩日程
  • 2020年8月6日(木)16:30スタート:20km 競歩(男子)
  • 2020年8月7日(金)5:30スタート: 50km 競歩(男子)
  • 2020年8月7日(金)16:30スタート:20km 競歩(女子)
  • 2020年8月8日(土)7:00スタート: マラソン(女子)
  • 2020年8月9日(日)7:00スタート: マラソン(男子)

 

ドーハの世界選手権の状態よりも給水などの対策をしたとしても、最近の東京の夏の暑さは異常だと思います。

 

棄権者が続出する可能性が高いのに、そのまま開催するのは大きなリスクがあるでしょうね。

 

札幌も暑いという話もありますが、東京とくらべるとかなり楽なのではないでしょうか。

 

東京ではなくなりますが、そもそもサッカーやラグビーのW杯(ワールドカップ)では福岡や仙台などの地方での開催もされています。

 

東京オリンピックという名称ではありますが、結局は「日本大会」ということで、札幌で開催される競技があったとしても、海外の出場者からするとそれほど疑問に思わないのではないでしょうか。

 

東京オリンピックのマラソンで開催して、気持ちよく競技として闘ってほしいと思います。

 

追記:2019年10月17日に、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、東京五輪のマラソンと競歩の会場について「IOC理事会と大会組織委員会は札幌市に移すことに決めた」と、二者間では合意に達したと発言しましたので、札幌での開催が現実的になりました

 

日本代表としてオリンピックに3度も出場した大林素子さんについては、大林素子は結婚してるって本当?現在の年齢と身長は?に書いていますので、合わせてぜひ読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

東京オリンピックのマラソンについての世間の声は?

東京オリンピックのマラソンを札幌に変更という話は、かなり話題になっているようで、賛否両論の声が上がっています。

 

東京の8月の気温と湿度を考えたら、札幌の方がだいぶマシかなという意見も多いようで、今後の発表に注目が集まっているようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

2020年に行われる東京オリンピックのマラソン会場を東京から札幌に移る可能性があると報道されて話題になっています。

 

当初の開催予定は女子が8月2日、男子が8月9日で東京の新国立競技場から浅草・皇居方面に走る予定となっています。

 

ドーハの世界選手権では夜中開催にも関わらず気温30℃超、湿度70%超で棄権者が続出して、東京のその時期の朝もそれくらいになる可能性が高いです。

 

東京オリンピックのマラソンを札幌に移すというIOCの提案は妥当なもので、実現する可能性が高いと思います。

 

やはり純粋に競技をしてもらいたいのは、観戦者としても願うことだと思います。

 

今後の発表に注目しましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気になることブログ , 2019 All Rights Reserved.