日常の気になることをお伝えします

ターミネーターニューフェイトでシュワちゃんの役柄と年齢設定は?CG加工しない理由はなぜかも調査!

WRITER
 
ターミネーターニューフェイト シュワちゃん 役柄 役割 歳 とってる 理由 なぜ アーノルドシュワルツェネッガー シュワルツェネッガー
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年11月8日に話題の映画「ターミネーター:ニューフェイト」が公開されたので前作「ターミネーター2」で大人気だったアーノルド・シュワルツェネッガー(シュワちゃん)の今回の役割(役柄)と年齢設定、CG(デジタル)加工しない理由はなぜかを調べてみました。

 

今回も主演のアーノルド・シュワルツェネッガーはターミネーター役で登場しますが、なぜか白髪頭の歳をとった姿(現在のシュワちゃんのまま)出演しています。

 

今回はシュワちゃんがターミネーターなのに歳をとっている訳を調べましたが「一部ネタバレ」になってしまうので、映画館で新鮮に楽しみたい方はご注意くださいね。

スポンサーリンク

ターミネーターニューフェイトのストーリーや場所の設定は?

2019年11月8日に公開された「ターミネーター:ニューフェイト」といえば、1991年に公開された傑作映画「ターミネーター2」の正統なる続編として発表されて話題となっています。

 

私は「ターミネーターニューフェイト」を公開日に早速見に行っていってきましたので、内容をお伝えしますね。

 

前作「ターミネーター2」は1997年に人類がターミネーターによって滅亡するのを防ごうとするストーリーでした。

今回の「ターミネーター:ニューフェイト」はそれから22年後の2020年の設定です。

 

「ターミネーター:ニューフェイト」の時代設定やストーリーについては、『ターミネーターニューフェイトでエドワードファーロングの役柄(役割)は?驚きの出演シーンと評価(評判)もご紹介!』に詳しく書いていますので、こちらも見てみてくださいね。

 

「ターミネーター:ニューフェイト」の場所の設定は、最初はメキシコシティーからはじまり、新しい主人公の女性:ダニーが仲間と一緒にターミネーターから逃げるために、国境を超えてアメリカのテキサスに向かっていきます。

前作「ターミネーター2」よりもパワーアップしたアクションシーンで、主人公たちが最強のターミネーターから逃亡するハラハラドキドキするシーンがみどころですね。

 

「ターミネーターニューフェイト」の出演者やストーリー、ロケ地を紹介しているページも、ぜひ見てみてくださいね。

ターミネーターニューフェイト関連記事まとめ!

 

スポンサーリンク

ターミネーターニューフェイトでシュワちゃん(アーノルド・シュワルツェネッガー)の役割(役柄)は?

ここからは少しネタバレになるのでご注意くださいね。

 

「ターミネーター:ニューフェイト」でのシュワちゃん(アーノルド・シュワルツェネッガー)の役割(役柄)は1998年に若き日のジョン・コナーを襲って死亡させてしまった旧型のターミネーター役で登場します。

要は、「ターミネーター2」のときのターミネーターと同じ型式のターミネーター:T-800役(変身できない方)ですね。

 

今回の「ターミネーター:ニューフェイト」でシュワちゃん(T-800)は、スカイネットが滅亡し指令がこなくなったターミネーターの20数年後の状態で登場します。

 

ターミネーター(T-800)を演じるアーノルド・シュワルツェネッガーの現在の年齢は72歳と高齢ですが、今回はCG加工などは特にせず白髪の状態で登場しています。

 

今回の主人公:ダニーやサラ・コナー、強化人間のグレースがテキサスに逃げて目指した先がこのターミネーター(T-800)の隠れ住まいの場所だったんです。

 

今回大活躍するグレース役の女優については、『ターミネーターニューフェイトでグレース(強化人間)役のマッケンジーデイビスって誰?経歴や年齢と出演作品をご紹介!』に詳しく紹介していますので、こちらもぜひ見てみてくださいね。

 

今回のシュワちゃんは出番が少ないかと思ったら、後半から大活躍しますので楽しみにしていてくださいね!

 

スポンサーリンク

「ターミネーター:ニューフェイト」でシュワちゃん(アーノルド・シュワルツェネッガー)の年齢設定は?CG(デジタル)加工しない理由はなぜ?

実際に今回の映画「ターミネーター:ニューフェイト」をみた方は疑問に思った方も多いと思いますが、シュワちゃんの役柄はターミネーターなのに歳をとってる理由がなぜなのか気になりますよね!

 

今回のシュワちゃん(ターミネーター:T-800)の年齢設定は、前作の舞台1995年当時からあったT-800が20年以上暮らしていたので、年齢(使用期間)としては生産されて25年から30年程度経ったという設定ですね。

 

ストーリー上は、シュワちゃん(T-800)は20年以上人間のように2020年まで過ごしていたので人口の皮膚や髪の毛も老化してしまったという理由かと予想しています。

 

実際は、CG(デジタル)加工などでは臨場感が出にくくて現在の姿で撮影したかったから(笑)という裏事情もありそうですが・・そこまでは私の想像の世界です。

 

実際のところは、今回監督を務めているティム・ミラー監督が「アーノルド・シュワルツェネッガーをCG(デジタル)加工で若返らせることは検討しなかった」とメディアに答えていたんです。

 

理由はなぜかというと「歳をとったヒーロー(英雄)こそかっこいいし、リアリティがあっていい」とティム・ミラー監督は考えているからだそうです。

そういった監督の「英雄論」も今回のシュワちゃんのCG(デジタル)加工なしの出演につながったようですね!

 

確かに映画でのシュワちゃんは、72歳とは思えないほどの迫力と歳を重ねたから出せる英雄感はありましたね。

 

今回のシュワちゃんはかなり大活躍しますので、ぜひ映画館で見てみてくださいね!

 

「ターミネーターニューフェイト」のグレース役の女優やロケ地はこちらのページで紹介してますので、ぜひ見てみてくださいね。

ターミネーターニューフェイト関連記事まとめ!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は映画「ターミネーター:ニューフェイト」が公開されたのでアーノルド・シュワルツェネッガー(シュワちゃん)の今回の役割(役柄)とターミネーターなのに映画の中で歳をとっている理由はなぜかを調べてみました。

 

今回のアーノルド・シュワルツェネッガー(シュワちゃん)の役柄は前作同様、T-800という旧式のターミネーター役で登場します。

 

アーノルド・シュワルツェネッガー(シュワちゃん)が72歳のままの姿で出演しているのは、CG加工をしない方が英雄感があるいう、監督の意向のようです。

 

設定としては前作よりも20年以上経った時代設定なので、人口の皮膚や髪も老化してしまったということになっていると予想しています。

 

今回はかなりの名作と評価される予感がありますので、映画館にぜひ足を運んでみてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気になることブログ , 2019 All Rights Reserved.