日常の気になることをお伝えします

スターウォーズ9でアナキンの役割は?父親やダースベーダーになった理由もご紹介!

WRITER
 
スターウォーズ9 アナキン 役割 父親 ダースベーダー 理由 なぜ ダークサイド
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年12月20日に「スターウォーズ・エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」が公開されて話題となっています。

 

完結編の最新作ではアナキン・スカイウォーカーが登場するという噂があり、その真相をネタバレでお伝えします。

 

エピソード9では主人公レイの正体と親が分かりましたが、カイロ・レンの父アナキンの親は誰?と疑問に思いますよね。

 

今回はアナキンが主人公の「エピソード1〜3」のあらすじと、アナキンの親は誰かやダースベーダーになった理由もお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

アナキンが主役のエピソード1〜3のあらすじは?

ダースベーダーとなったアナキン・スカイウォーカーを知るにはエピソード1〜3の物語がカギとなります。

 

「新三部作」と言われるエピソード1〜3のあらすじを、かなり簡単にざっくりお伝えします。

 

スターウォーズの登場人物については、『スターウォーズ・エピソード9の登場人物とキャストをすべてご紹介!』をご確認くださいね。

 

時代は「エピソード4/新たなる希望」の前で、共和国が銀河の平和を守り、ジェダイの騎士が多く存在していたころ。

1000年以上前に絶滅したはずの暗黒(ダークサイド)のシスが生きていたことが分かり、ジェダイの騎士たちが戦います。

 

アナキンはまだ幼く子供で、ある惑星で偶然ジェダイのオビワンとその師匠と出会います

アナキンは幼い子供なのに強いフォースを持つことに気づき、ジェダイにするためにオビワンが教育。

 

共和国の最高議長のパルパティーンが実はシスの最高指導者だったことがわかり、アナキンはつけ込まれてダークサイドに落ちます。

 

ダースベーダーとなったアナキンは、オビワンに両足を切られて倒され、全身やけどで死にかかりますが、パルパティーンが救助します。

 

最後はアナキンの妻パドメ・アミダラが2人の子供(ルークとレイア)を生んで死亡し、ジェダイはその2人を遠くの惑星に送り、銀河の未来を2人に託します。

 

スポンサーリンク

アナキン・スカイウォーカーの父親と母親は誰?

アナキンの母親はシミ・スカイウォーカーで、惑星タトゥイーンに住んでいた人間の女性です。

 

一方、アナキンの父親というと、実はいないんです。

 

「エピソード1」で母親シミが、ジェダイに「実は父親がいないのに、自然に妊娠して生まれた」と打ち明けています。

 

ここにスカイウォーカーの謎が隠されたままになっているんです。

 

アナキンの父親についてはいくつか説があります。

本当にいない(フォースが生み出した)

エピソード1でアナキンの最初の師匠クワイ・ガンが「ミディ・クロリアンによって生まれた可能性がある」と語っています。

 

ミディ・クロリアンは、あらゆる生命体の細胞内にいる微生物のようなもので、フォースの力と深く関係しています。

 

アナキンはこのミディ・クロリアンの数値が以上に高かったので、その可能性もありますね。

 

ダーク・シディアス(パルパティーン)

シスの最高指導者のパルパティーンは恐るべきパワーを持っていて、人間を生み出す力があったと言われています。

 

その後の物語をみても、パルパティーンはアナキンと出会うのを知っていたような行動がみられ、この説が有力です。

 

それ以外には、パルパティーンの師匠であったダース・プレイガスだという説もありますが、まあ同じような感じですね。笑

 

スポンサーリンク

アナキンがダースベーダーになった理由はなぜ?

アナキン・スカイウォーカーはジェダイの騎士としても優秀だったのになぜダークサイドに落ちたのでしょうか?

 

アナキンは結婚したパドメ・アミダラが妊娠して、毎晩のように悪夢をみることに悩んでいました。

 

そこにシスの最高指導者で、共和国議長になりすましていたパルパティーンがアナキンを「ダークサイドの力でパドメが救える」とそそのかすのです。

アナキンはもともと、家族を持つのは禁止というジェダイの掟を破ったり、危ない存在でした。

 

最終的には、ジェダイのナンバー2だったメイス・ウィンドゥがパルパティーンを切ろうとしたのを裏切って、ウィンドウは命を落とします。

アナキンは自分のしたことに失望し、パルパティーンのダークサイドに取り込まれてしまいました。

 

エピソード3の最後に師匠のオビワンに敗れたアナキンは、足もなくなり全身を火傷してしまいます。

 

その状態を救助したパルパティーンが、あのマスクと鎧をつけた半分機械人間の「ダースベーダー」を作り上げたのです。

 

スターウォーズ・エピソード9のネタバレあらすじについては、『スターウォーズ・エピソード9のネタバレあらすじ(結末)を分かりやすくご紹介!』で詳しく書いてますので、コチラもぜひ見てみてくださいね。

 

スポンサーリンク

スターウォーズ9でアナキンの役割と登場シーンは?(ネタバレあり)

「スターウォーズ・エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」でアナキン・スカイウォーカーが登場する噂がありました。

 

映画と見た結果としては、アナキンは登場しませんでした・・。

 

登場するのは、エピソード7でも出てきた「ダースベーダーのマスクの残骸」と会話の中だけでした。

ファースト・オーダーのカイロ・レンは最高指導者に「自分はダースベーダーのように強くなれないと恐れているな」と言われます。

 

それほど、帝国軍のダースベーダーの力と名声は強大なものだったんですね。

 

「スターウォーズ9」で明かされるレイの正体と両親については『 スターウォーズ・エピソード9のネタバレあらすじ!レイの正体や両親の秘密は?』をご覧くださいね。

 

「スターウォーズ・エピソード9」のあらすじや登場人物などは、まとめページを作ってますので、興味があればぜひご覧ください。

スターウォーズ・エピソード9 関連記事まとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「スターウォーズ・エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」が公開されて話題なので、アナキンの登場シーンや父親とダースベーダーになった理由についてお伝えしました。

 

アナキンは悲しき運命をたどりダークサイドにおちましたが、その後に銀河を救ったのもスカイウォーカーでした。

 

スターウォーズの物語は「スカイウォーカー」が主役だったことがよくわかりますね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

「スターウォーズ・エピソード9」のあらすじや登場人物などは、まとめページを作ってますので、興味があればぜひご覧ください。

スターウォーズ・エピソード9 関連記事まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気になることブログ , 2019 All Rights Reserved.