日常の気になることをお伝えします

将棋の初心者にはこれ!おすすめの始め方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

将棋に興味をお持ちの方に、将棋歴30年のマックスがお伝えしていきます。

 

最近は最年少でプロ棋士となった藤井聡太七段が話題になったり、乃木坂46の伊藤かりんさんが将棋番組を担当したり、将棋についてニュースなどで見かけることも多くなりました。

 

「将棋に興味を持ったけれど、難しそうだし、どこから始めていいか分からない」という方も多いと思います。

 

将棋は興味を持ったときが始めるタイミングです。

 

今回は将棋をこれから始めるにあたって、おすすめの始め方の流れを書いていきます。

 

スポンサーリンク

駒の動きを覚える

将棋が好きな人が、必ずと言っていいほど観る番組はNHK Eテレで毎週日曜日の午前10時30分から放送している「NHK杯将棋トーナメント」です。

 

休日の午前中、ちらっと番組を見かけた方は多いと思います。

 

テレビ番組なのでプロ棋士が対局の状況を解説してくれてはいますが、駒の動きを知らないと、何をしているかは全く分からないと思います。

野球やサッカー、テニスを始めるときも、まずは簡単なルールを知らないと、試合を観ていても何をしているのか分からないし、自分で始めることもできないですよね。

 

将棋もそれと一緒です。

 

まずは駒の動きを覚えましょう。

 

「将棋って駒の種類が多くて、一度に覚えられるか自信がない」と感じてしまう方もいると思います。

 

覚えると言っても、初心者のときは全て完璧に覚えなくても大丈夫です。

 

ある程度動きを覚えたら、将棋を指しながら頭に定着させていく感じで十分です。

 

「それぞれの駒はこんな感じの動きなんだな」とはじめに理解しておきましょう。

 

スポンサーリンク

最低限知っておくルールを覚える

将棋は駒の動きを覚えれば、もう始める準備は80%できたと言っていいと思いますが、少しだけ合わせて知っておくルールがあります。

 

将棋には「二歩」や「打ち歩詰め」などの反則となる行為があります。

 

将棋ゲームやネット対戦では、このような反則となる指し手はできないように設定されているので、大丈夫ではありますが、何も知らないとと対局中に動揺することに繋がります。

 

家族や友達と将棋と指す場合は、「その手は反則だから指せないよ」と教えてもらえると思います。

 

ついうっかり反則手を指すことはよくあることですので、それほど心配する必要はありませんが、指摘されたときにすぐ理解できるようにはなっておきましょう。

 

それ以外の細かいルールは、普段将棋を指していても関係しないことも多いので、最初は全て覚える必要はありません。

 

スポンサーリンク

コンピューターと対戦してみる

将棋の入門本などを読むと駒の動きやルール以外に、指し方のセオリーなどが書かれています。

 

将棋を指す前に、色々と勉強して準備をしたくなりますよね。

 

これは私の見解ですが、はじめに将棋のセオリーを学んでも、将棋を指したことがなければあまり役立つことはありません。

 

将棋の対局は、相手がどんな指し方をしてくるかによって、こちらの指し方も変わってきます。

 

その局面よって、同じような手でも良い手になる場合もあれば、悪い手になる場合もあります。

 

「将棋は対話」と言われますが、相手がいてこその将棋なのです。

 

ですので、最初は「将棋ってこういうものなんだ」と体感するのが大事です。

 

と言っても、将棋を指す人が家族や友達など身近にいればいいですが・・・

私の経験から言いますと、教えてくれるほど将棋を知っている人って意外と身近にはいないんですよね。

 

将棋教室というか、道場みたいなものもあるにはありますが、将棋が好きな人が集まる場所ですので、初心者が行くにはかなり勇気がいる気がします。

 

私も将棋道場は年配の人が多くて、行き難いイメージがあったので一度も足を踏み入れたことはありません。

 

私がおすすめするのは、コンピューターとの対戦をしてみることです。

 

私が将棋にはまった中学生の頃は、ファミコンというテレビゲームで将棋ソフトが出ていて、それを相手によく指していました。

 

最近はスマホで無料の将棋アプリがいくつも出ていますので、それを使って実際に対戦してみるのがいいでしょう。

 

最近はコンピューターがプロ棋士に勝ったと話題になったので、コンピューターは強いと思われるかもしれないですが、初心者向けに指してくれるアプリもあります。

 

最初はあくまで、将棋の対戦を体感するのが目的ですので、負けてもいいので自由に指してみるのがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

将棋は興味を持ったときが始めるタイミングです。

 

まずは駒の動きと最低限知っておくルールを覚えたら、一度対戦をしてみましょう。

 

最近はスマホの初心者向けアプリなどもあって簡単に対戦ができます。

 

まずはあまり難しく考えずに、気軽に将棋を指してみる!それが最初の一歩としていいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気になることブログ , 2019 All Rights Reserved.